FC2ブログ

高田洋一“呼吸する翼” Takada Yoichi "Breathing Wings"

美術家・高田洋一の空気の僅かな動きや、風に反応する作品たちを紹介しています。   代表的な作品、最近作を取り上げながら、解説風に制作史をお話しています。展覧会情報、教育普及、日々のデキゴトも紹介しています。カテゴリから選んで楽しんでください。連絡先:〒252-0003 神奈川県座間市ひばりが丘3-15-2 P/046-258-0191 E-mail:takada.yoichi@nifty.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

卒業制作・1979

◆◆01

◆◆02

■ 作品タイトル失念-Ⅰ 1979
H/3000㎜
アルミニウム、ステンレス、ボールベアリング、真鍮、木、他

本当に昔話になってしまいますが、少しお付き合いください。
これらの作品は、私が大学の卒業制作で制作した作品、或は卒業前前期の作品です。

判る方なら、私がどんな作家の影響を受けていたか明白です。
当時、私はその彫刻家の仕事に心酔していました。
当時、現代美術のコンセプチュアル・アートの息苦しさが性に合わず、その昔模型飛行機少年の血が、風で運動する作品の作家の持つ開放感に惹かれた原因かもしれません。

◆◆page-0001・H1

◆◆03

■ タイトル失念-Ⅱ 1979
H/3000×W/800(㎜)
アルミニウム、スチール、ステンレス、ボールベアリング

学生時代、主に屋外の風でリズミカルに運動する作品の研究を続けていました。
その作家のまねっこと言われるかもしれませんが、それも承知で私はその作家の研究をしていました。
トコトンやって、例えは悪いですがゴーストライターに成れるほどになろうと考えていたほどです(笑)

それでも、自画自賛ながら、作品は大変良く動きました。
卒業制作として、なかなか高得点でしたが、残念ながらグランプリは逃しました(笑)

◆◆05

◆◆06

■タイトル失念-Ⅲ 1978
H/400×W/150(㎜)×10基、ベースガラス部:W/1800×L/2700(㎜)
バルサ、真鍮、スチール、ガラス

この作品には、些かの思い入れがあります。
結果的に、この作品も良く動いていたのですが、でも「なぜ、よく動くのか判らずに作っていた」時代でもあります。自分で作った作品が、なぜそのように動くのか、せめて作家ならその理由を解っているのは最低の責任の一つです。解らないで作っている自分に初めて気がつきました。

しかし、風で運動するからといっても、直感的に風を受ける面が殆ど無いフレームだけのフォルムでも、関節部の転がり抵抗が充分に小さければ、作品は僅かな風で動くということを判らないないなりに実証してもいました。
そして、一般的には解りにくい話ですが、細いフレーム部分が、風を受けるだけではなく、垂直尾翼としての左右の姿勢変化に関わる仕事もしていました。
この作品の形と、運動の原理、面積とジョイント部の抵抗との関係について、正対する姿勢がこの分野の作家としての必要条件であることを発見した作品でもあります。

21歳の未熟な青年の原点です
スポンサーサイト
  1. 2012/03/11(日) 16:59:25|
  2. OUTDOOR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玉 翼  | ホーム | 翼“双”、翼Ⅰ、そしてジョイントシステム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://winglab.blog.fc2.com/tb.php/3-4251a894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高田洋一彫刻研究所

Author:高田洋一彫刻研究所
高田 洋一/Takada Yoichi(彫刻家/Sculptor)'56年大阪生


'79大阪芸術大学美術学科卒
'05-'10東京大学大学院総合文化研究科「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員
'90文化庁芸術家在外研修員としてベルリン留学。


■ 和紙、竹、石などを用いた僅かな空気の流れを捉える繊細で緩やかな作品の動きが早くから注目され、内外美術館、画廊での展覧会開催


■ 主な受賞/'81第15回現代日本美術展/大賞。第6回ブルネル・アワード/奨励賞―芸術の鉄道への適合部門―、他。


■ 主なコレクション/兵庫県立近代美術館、富山県立近代美術館、埼玉県立近代美術館 他にパーマネント・コレクション。


■ 主な公共プロジェクト/JR大阪駅、日本経済新聞社本社、横浜銀行本店、横浜国際総合競技場、香港・青衣駅(Tsing Yi Sta.)など大規模な公共作品の作例多数。「水の声」「風の花」「風の道」「森の光」など建築的、環境装置的な展開も注目される。


■ 主な教育普及活動/アートとサイエンスなどを繋ぐWS、教育普及にも'85から各地の美術館、学校で活動。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

INDOOR (16)
OUTDOOR (5)
PUBLIC SPACE (9)
BIOGRAPHY(Japanese) (1)
BIOGRAPHY(English) (1)
EDUCATION(Japanese) (7)
EXHIBITION (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。