FC2ブログ

高田洋一“呼吸する翼” Takada Yoichi "Breathing Wings"

美術家・高田洋一の空気の僅かな動きや、風に反応する作品たちを紹介しています。   代表的な作品、最近作を取り上げながら、解説風に制作史をお話しています。展覧会情報、教育普及、日々のデキゴトも紹介しています。カテゴリから選んで楽しんでください。連絡先:〒252-0003 神奈川県座間市ひばりが丘3-15-2 P/046-258-0191 E-mail:takada.yoichi@nifty.com

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

坪庭のための風の彫刻-「風見竹」

白い一日撮影:風間忠雄

2012年 新潟「水と土の芸術祭2012」に参加しました。
新潟市内の和菓子舗「にむらや」さんの店内を全面的にジャックして、個展を開催させて頂きました。

昨今の各地の芸術祭では、さまざま「市民」と「芸術家」とのコラボレーションが試みられています。
実験性の高い仕事も多いです。

私のこの度の計画は、実際に営業をしている店舗の中に作家が介入し、
店舗の営業と作品性とが両立する展覧会を試みたことが画期的だと考えています。

実際に、この展示期間中の菓子店への好影響として、
概算ながらも、来客数で40%、売上レベルで20%上がったことがひとつの可能性を示しています。

このようにチャレンジングな試みが実現できた理由には、
作家と、菓子舗主人との幸運な出会いがあったことが挙げられます。
なかなか、望んで実現できることではない展覧会であったと思います。

人の眼を惹くアクロバティックな企画の真逆の展覧会かもしれませんが、
店舗の喫茶室のテーブル、イスを全て取り払い、
拙作「白い一日」だけを置くという贅沢を実現できたことは静かに見えて、大変ラジカルな試みです。

観客は、菓子店の中にある小間(作品)の中で、くつろぎ、お茶と和菓子を楽しむのです。
客の頭上では、ゆっくりと天井が室内の気流で揺らぎ、木漏れ日のような水玉の光に包まれます。
そんな時間、そのものが作品です。

その作品の中から、店の坪庭を臨むことができます。 
その庭の中に玉石の上に竹が乗った、小さな彫刻を置きました。
この竹が、坪庭を流れる風にゆっくりと漂うように動き、すれ違うように回転します。

これまでの屋外彫刻と言えば、鉄やステンレス、石などの恒久的な材質で制作され、
且つ大型の物がイメージされたと思います。
都市の中のアートのひとつの典型です。

私たちの国の庭に、当たり前のように似合う風の作品が欲しかったのです。
例えばそれは、「獅子脅し」や「水琴窟」のように、さりげなく自然の一部として佇むものです。

竹はいずれ劣化します。
しかし、ジョイント部を残して、竹を交換することでリフレッシュさせることができるのです。

先にアップしている、展覧会の全体風景と併せてご笑覧頂ければと存じます。

風見竹

スポンサーサイト
  1. 2013/04/08(月) 14:11:02|
  2. OUTDOOR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茶道具の新作-ステンレス茶釜・肩衝 | ホーム | 水と土の芸術祭2012参加-白い一日でいちごいちえ(市内和菓子店「にむらや」を作品ジャック)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://winglab.blog.fc2.com/tb.php/21-9ba3a1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

高田洋一彫刻研究所

Author:高田洋一彫刻研究所
高田 洋一/Takada Yoichi(彫刻家/Sculptor)'56年大阪生


'79大阪芸術大学美術学科卒
'05-'10東京大学大学院総合文化研究科「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員
'90文化庁芸術家在外研修員としてベルリン留学。


■ 和紙、竹、石などを用いた僅かな空気の流れを捉える繊細で緩やかな作品の動きが早くから注目され、内外美術館、画廊での展覧会開催


■ 主な受賞/'81第15回現代日本美術展/大賞。第6回ブルネル・アワード/奨励賞―芸術の鉄道への適合部門―、他。


■ 主なコレクション/兵庫県立近代美術館、富山県立近代美術館、埼玉県立近代美術館 他にパーマネント・コレクション。


■ 主な公共プロジェクト/JR大阪駅、日本経済新聞社本社、横浜銀行本店、横浜国際総合競技場、香港・青衣駅(Tsing Yi Sta.)など大規模な公共作品の作例多数。「水の声」「風の花」「風の道」「森の光」など建築的、環境装置的な展開も注目される。


■ 主な教育普及活動/アートとサイエンスなどを繋ぐWS、教育普及にも'85から各地の美術館、学校で活動。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

INDOOR (16)
OUTDOOR (5)
PUBLIC SPACE (9)
BIOGRAPHY(Japanese) (1)
BIOGRAPHY(English) (1)
EDUCATION(Japanese) (7)
EXHIBITION (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。