FC2ブログ

高田洋一“呼吸する翼” Takada Yoichi "Breathing Wings"

美術家・高田洋一の空気の僅かな動きや、風に反応する作品たちを紹介しています。   代表的な作品、最近作を取り上げながら、解説風に制作史をお話しています。展覧会情報、教育普及、日々のデキゴトも紹介しています。カテゴリから選んで楽しんでください。連絡先:〒252-0003 神奈川県座間市ひばりが丘3-15-2 P/046-258-0191 E-mail:takada.yoichi@nifty.com

BIOGRAPHY(japanese)

高田 洋一 略歴 (たかだ よういち)                      

1956    大阪府に生まれる
1979    大阪芸術大学美術学科卒業
1990    文化庁芸術家在外研修員としてベルリンに滞在
2005-10  東京大学大学院総合文化研究科「科学技術インタープリター養成プログラム」 特任教員

[主な個展]
1979    村松画廊/東京(’80、’81’、82’、84も開催)
1985    ギャラリー上田ウエアハウス/東京
1997    現代彫刻センター/東京(’88も開催)
2001    下山芸術の森発電所美術館 高田洋一「月下の森」展/富山県入善町
2006    新潟市新津美術館/高崎市美術館 高田洋一「呼吸する翼」展/新潟、群馬
2008    Azabujuban Gallery 高田洋一「見えない海」展/東京
2009    SHINA「品」「眠れる光-空気の海に浮かぶ部屋」/京都
      ギャラリーh2o「目覚める影-手折られた枝の命」/京都
2010    アートスペース感「偽装された自然」/京都
2011    砂丘館(旧 日本銀行新潟支店長役宅)「風と出会った日-未来の思い出」/新潟

[主な企画展]
1981    「第15回現代日本美術展」大賞受賞 東京都美術館、京都市美術館
1982    「現代紙の造形-日本と韓国-」韓国国立美術館/京都市美術館、他
1983    「現代日本美術の展望一立体造形」富山県立近代美術館
1984    「第4回現代美術今立紙展’84」大賞受賞 いまだて芸術館
       「今日の造形・木と紙-自然との対話-」岐阜県美術館
1988    「第2回ペーパー・アート・ビエンナーレ」レオボルド・ハッシュ美術館/ドイツ、デンマーク
1995    「サイレント・メッセージ」デン・フリー・ウッステルング/コペンハーゲン/デンマーク
1998    「和紙 WAGAMI わがみ」茨城県天心記念五浦美術館
2000    「知覚するかたち」福井県立美術館
2009    「水と土の芸術祭2009」新潟市新津美術館 前庭/秋葉区
2011     「2011 花蓮森林公園国際芸術祭 MASADI-豊美緑境」/主催:台湾 林務局/花蓮 台湾

[主な作品設置]
1992    ≪鳥に憧れて≫≪月の影≫≪漸減線≫≪枝葉≫、Terry’s House、ロスアンゼルス
1993    ≪水面の鳥≫、横浜銀行本店、横浜
1994    ≪空からの声≫、恵比寿ガーデンプレイス、渋谷区
       ≪空想の旅≫、特急「ソニック883」内、JR九州・日豊本線
1996    ≪水生翼≫≪ひとまち雲≫、TFT東京ファッションタウン・アトリウム、有明 臨海副都心
1998    ≪呼吸する色彩≫、横浜国際競技場エントランス、横浜
2001    ≪森の精霊-赤い鳥・青い鳥≫、国立成育医療センター・アトリウム、世田谷区
2002    ≪光よ天までとどけ≫、センチュリー豊田ビル前、名古屋
2006    ≪BEGINNING OF JOURNEY≫ 青衣駅(Tsing Yi Sta.)アトリウムMTR Co.
         (Airport Express Railway) 、香港
2009    ≪見えない力≫ 日本経済新聞社 新本社ビル カンファレンス・モール、千代田区
2011    ≪風の詩≫≪風の花≫ JR大阪駅 新北ビル 11F屋上庭園 大阪市 北区

[受賞]
第14回現代日本美術展 佳作賞 (1979)/第15回現代日本美術展 大賞(1981)/小山彫刻のある街へ展 特別賞 (1984)/第4回現代美術今立紙展’84 大賞 (1984)/第6回ブルネル・アワード・96コペンハーゲン「芸術の鉄道への適合部門」 奨励賞(1996)/第13回大阪都市環境アメニティ表彰 (2003)

[パブリックコレクション]
いわき市美術館(福島):≪翼Ⅵ≫/富山県立近代美術館:≪翼“律”≫/兵庫県立近代美術館(山村コレクション):≪翼“forY forN“≫/白鴎大学(栃木):≪翼“華”≫/いまだて芸術館(福井):≪翼“錘”≫/埼玉県立近代美術館:≪水生翼≫/秋田県立美術館:≪白い羽音≫/新潟市新津美術館(新潟市所蔵):≪水の声≫
スポンサーサイト



  1. 2012/03/13(火) 16:12:29|
  2. BIOGRAPHY(Japanese)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

高田洋一彫刻研究所

Author:高田洋一彫刻研究所
高田 洋一/Takada Yoichi(彫刻家/Sculptor)'56年大阪生


'79大阪芸術大学美術学科卒
'05-'10東京大学大学院総合文化研究科「科学技術インタープリター養成プログラム」特任教員
'90文化庁芸術家在外研修員としてベルリン留学。


■ 和紙、竹、石などを用いた僅かな空気の流れを捉える繊細で緩やかな作品の動きが早くから注目され、内外美術館、画廊での展覧会開催


■ 主な受賞/'81第15回現代日本美術展/大賞。第6回ブルネル・アワード/奨励賞―芸術の鉄道への適合部門―、他。


■ 主なコレクション/兵庫県立近代美術館、富山県立近代美術館、埼玉県立近代美術館 他にパーマネント・コレクション。


■ 主な公共プロジェクト/JR大阪駅、日本経済新聞社本社、横浜銀行本店、横浜国際総合競技場、香港・青衣駅(Tsing Yi Sta.)など大規模な公共作品の作例多数。「水の声」「風の花」「風の道」「森の光」など建築的、環境装置的な展開も注目される。


■ 主な教育普及活動/アートとサイエンスなどを繋ぐWS、教育普及にも'85から各地の美術館、学校で活動。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

INDOOR (16)
OUTDOOR (5)
PUBLIC SPACE (9)
BIOGRAPHY(Japanese) (1)
BIOGRAPHY(English) (1)
EDUCATION(Japanese) (7)
EXHIBITION (12)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR